EcoFlow RIVERシリーズの評判口コミは?どの機種を買うべき?

充電器

最近ではバッテリーを使う場面が増えていて、
ポータブル電源を購入する人も増えています。

そんなポータブル電源として
EcoFlow RIVER
が発売されています。

EcoFlow RIVERはMakuakeで販売されていましたが、一般販売されるようになりました。

ここでは、EcoFlow RIVERシリーズの口コミや評判、どの機種を購入すべきかなど紹介します。

EcoFlow RIVERの口コミ・評判

充電スピード、充電容量、液晶の見やすさ、全てにおいて高品質。操作も直感的でわかりやすい。
重量もアウトドアに持ち込んでも何とかなる丁度良い重さ。取っ手も持ちやすく、太く頑丈に作ってあり安心感がある。

「満充電まで2時間」「高負荷な機器を電圧を下げて無理やり起動できる」
という明確な強みがあり、現状ではベストな選択。

屋外でこれだけの容量があると、作業の幅がだいぶ安心感とともに広がりますね。
急速充電の音は比較的大きめですが、2時間もせずにほぼ100%まで本体に貯めることができています。

1000Wを超える家電でも何とか動かしてしまうX-boost機能は、実際に使ってみるとかなり感動します。
1200Wのドライヤーが難なく動きます。風量や温風は控えめになりますが、髪が十分に乾くレベルです。

充電は、メチャ早です。AC100スイッチオンで、ファンが回ります。無音の室内では、少し気になるかも。
1000wの掃除機も動きました。凄い!色々アウトドアで使う予定で楽しみです。

>>EcoFlow RIVERシリーズはこちら

EcoFlow RIVERの特徴

EcoFlow RIVERは、以下のラインナップがあります。

・EcoFlow RIVER
・EcoFlow RIVER Max
・EcoFlow RIVER Pro

以前Makuakeで
・RIVER 600
・RIVER 600 Max
・RIVER 600 Pro
という名前で販売されていたもので、基本的に同じものです。

バッテリー容量は、
EcoFlow RIVERが288Wh
EcoFlow RIVER Maxが576Wh
EcoFlow RIVER Proが720Wh
となっています。

EcoFlow RIVERの特徴は、バッテリー容量をカスタマイズできるという点です。
容量別に3機種ラインナップされているのに加えて、
専用エクストラバッテリーがあるため、さらに容量を追加することができます。

バッテリー容量は、
288Wh~1440Wh
まで選択できます。

他にも、
「高度なアルゴリズムで、高出力電化製品の電圧を下げることで作動させる」という「X-Boostテクノロジー」、
「1時間で80%まで充電できる」という「X-Stream充電テクノロジー」
も搭載されています。

>>EcoFlow RIVERシリーズはこちら

EcoFlow RIVERシリーズはどの機種を買うべき?

EcoFlow RIVERはラインナップは3つありますが、
基本的にバッテリー容量以外の違いはありません。

そのため、どの程度の容量が必要かで購入する機種を決めるといいでしょう。

専用エクストラバッテリーで追加できますが、
追加すると若干割高なので、少し容量が多めの機種を購入するのがおすすめです。

>>EcoFlow RIVERシリーズはこちら

タイトルとURLをコピーしました