ILIFE A10の特徴と口コミまとめ!A7との違いを比較

掃除機

最近の流行り家電の「ロボット掃除機」ですが、
いろんなメーカーから製品が発売されています。

このロボット掃除機のILIFE(アイライフ)から、
新製品として「A10」が発売されます。

このILIFE A10の特徴や口コミ、1つ前の世代のA7との違いなど紹介します。

ILIFE A10の特徴

ILIFE A10の特徴は、ILIFEブランド初の
レーザーナビゲーション&マッピング
を採用しています。

レーザーナビゲーション&マッピングは、360度のレーザースキャンによって部屋の状態を把握し、
部屋の環境変化に適応したクリーニングルートを作成します。

また、アプリ「ILIFE HOME」に対応していて、
フロアごとにそれぞれ別の掃除プランを作成できる「マルチフロアマッピング」、
作成したマップを使って特定の部屋を選択して掃除できる「カスタムエリア」を搭載しています。

掃除途中で電量が少なくなったら、自動で充電ドックに戻り、充電を行い、
充電完了後に、再度自動で掃除を再開します。

また、カーペットがある場所にはカーペットエリア機能をオンにして、
アプリで作成されたマップ上でその場所を囲むことで、自動で吸引力がアップします。

他にも、最大吸引力は従来の2倍。
ダストボックスの容量は450mlあります。

連続稼働時間は標準が約100分、MAXモードが約50分。
充電時間は約6.5時間です。

ILIFE A10の口コミ・評判

順次更新します。

ILIFE A10とA7との違いを比較

ILIFE A10とA7の違いですが、
A10には、新たに追加された「レーザーナビゲーション&マッピング」機能があります。

吸引力も2倍なので、基本的にはA10のほうが性能は高いのですが、
ダストボックス容量はA10が450mlなのに対して、A7は600mlあるので、
ゴミの量が多い場合はA7のほうがいいかもしれません。

価格については、A10は新製品なのでまだ高く、
A7のほうが安くなっています。
(A10が35000円ぐらい、A7は2万円台です。)

A7は扱っていない通販サイトもあるため、
V8eも候補になりますが、こちらもA10と比べると容量が多くなっています。

タイトルとURLをコピーしました