※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

JBL「CINEMA SB580」の特徴と口コミ・評判まとめ!

CINEMA SB580 オーディオ

JBLから発売されている「CINEMA SB580」。

この「CINEMA SB580」の特徴や口コミ・評判など紹介します。

CINEMA SB580の口コミ・評判

・サウンドがクリアで迫力がある
・セリフが聞き取りやすく映画やドラマをより楽しめる
・重低音が迫力満点でホームシアターに最適
・3.1chながら立体的な音像を楽しめる
・コストパフォーマンスが高い
・重低音が強すぎる
・天井からの音の再現は自然ではない
・一部音声が途切れることがある

CINEMA SB580の特徴

JBLから発売されている「CINEMA SB580」は、ワイヤレスサブウーハー付き3.1chサウンドバーシステムです。

「Dolby Atmos」に対応した3.1chサウンドバーシステムで、高音域を担うツイーターと中低音を担うウーハーで構成した「2ウェイスピーカー構成」をフロントの左右とセンターチャンネルに採用しています。

「センターチャンネル用スピーカー」に、ツイーターとウーハーそれぞれに60Wのアンプを独立して搭載し、合計120Wのハイパワーによって、的確にセンターチャンネルをドライブしています。

また、200Wのハイパワー出力のサブウーハーも同梱していて、低音のレベルを5段階で調整することができます。

他にも、2.4GHzワイヤレス接続に対応しました。

タイトルとURLをコピーしました