※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

シロカ ST-231の特徴とST-121/ST-131との違いは?

調理家電

シロカから発売されている「オーブントースター ST-231」。

ここでは、このオーブントースター ST-231の特徴や口コミなど紹介します。

オーブントースター ST-231の特徴は?

シロカの「オーブントースター ST-231」は、
庫内サイズが幅約28cmで、最大4枚の食パンを一度に焼けるオーブントースターです。

庫内が広いため、直径24cmのピザも切らずに焼くことができます。

本体は、上下4本のヒーターを搭載していて、温度設定は最大250度に対応しています。

また、クッキーなどの調理に使用できる専用トレーや、焼き網が付属しています。
とびらとパンくずトレーは取り外し可能なので、お手入れも簡単です。

オーブントースター ST-231とST-121/ST-131との違い

「オーブントースター ST-231」とST-121/ST-131との違いですが、
主な違いは本体の大きさになります。

庫内の幅については、
ST-231が28cm
ST-121/131が29cm
と、ST-121のほうが広いのですが、
奥行きについては、
ST-231が27cm
ST-121/131が25.5cm
と、ST-231のほうが広くなっています。

本体の奥行きがST-231では広くなっているので、
ピザなどを焼く場合にはST-231のほうが便利です。

価格差は2000円程度なので、オーブントースターで何を焼くかで決めるといいでしょう。

created by Rinker
シロカ
¥9,330 (2024/06/24 13:17:54時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました