※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

シャープ空気清浄機KI-PD50の特徴口コミとKI-PS50との違い

空気清浄機

シャープから発売されている「KI-PD50」。

ここでは、このKI-PD50の特徴や口コミなど紹介します。

KI-PD50の特徴は?

「KI-PD50」は、空気浄化技術「プラズマクラスター25000」を搭載した空気清浄機です。
加湿・除湿に加えて、衣類乾燥も行えます。
スイングルーバーが前方に風を集中させ、衣類を素早く乾燥させます。

空気清浄機としての仕様は、プラズマクラスターの適用床面積が約10畳(約17m2)、1時間あたりの加湿量が約400ml、1日あたりの除湿能力が5.6L(60Hz)/5.0L(50Hz)となっています。

KI-PD50とKI-PS50の違い

KI-PD50とKI-PS50はどちらもプラズマクラスター25000を搭載した空気清浄機で、
空気清浄機としての仕様もほぼ似たような製品となっています。

違いとしては、
KI-PS50は「加湿」と「空気清浄機」の機能が
KI-PD50は「除湿」「過失」「空気清浄機」の機能があります。

KI-PD50は、除湿機能もついている空気清浄機になります。

機能面では、KI-PD50のほうがいいのですが、
除湿機能が必要なければ、KI-PS50でもいいかもしれません。

KI-PD50の口コミまとめ

[getswin keyword=”KI-PD50″ view_num=”10″]

タイトルとURLをコピーしました