※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

OpenRun Proの特徴・口コミとOpenRunとの違いについて

オーディオ

Shokzから発売されている「OpenRun Pro」。

ここでは、このOpenRun Proの特徴や口コミ、
旧モデルのOpenRunとの違いについて紹介します。

OpenRun Proの特徴は?

「OpenRun Pro」は、チタニウムバンドによる装着の堅牢性と、耳への負担が少ない快適性、周囲の環境音が聞こえる安全性の高さが特徴の完全ワイヤレス骨伝導イヤホンです。
第9世代骨伝導技術によって、クリアな中域・高域を実現しています。

音質面では、特許取得済みの「Shokz TurboPitch」技術により、低音再生能力を高め、2基のCoreCushion(低音エンハンサ)をトランスデューサーに内蔵したことで、サウンド、ビート、コーラスを存分に楽しめます。

他には、デュアルノイズキャンセリングマイクを搭載していて、ワークアウト中でもシームレスに通話ができます。
また、IP55相当の防塵・防水性能も備えているため、運動中の発汗や雨にも対応しています。

主な仕様としては、
Bluetoothのバージョンが5.1、
対応コーデックがSBC、
対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HSP、HFP
となっています。

バッテリーの容量は140mAhで、駆動時間が10時間、充電時間が1時間。
急速充電に対応し、5分間の充電で1.5時間の使用が可能です。

OpenRun ProとOpenRunの違い

OpenRun ProとOpenRunの違いですが、
骨伝導技術が、第9世代と第8世代
バッテリー駆動時間が、10時間と8時間
充電時間が1時間と1.5時間
防水性能がIP55とIP67
本体重量が29gと26g
となっています。

価格差については7000円程度あります。

OpenRun Proは、いろんな面でOpenRunの上位機種となっています。
(マイナス面は、重量が3g重いのと、防水性能が下がっているくらいです)

created by Rinker
SHOKZ
¥15,734 (2024/04/22 06:34:49時点 Amazon調べ-詳細)

OpenRun Proの口コミまとめ

外の音に重ねて違和感なく音楽が聞くことが出来、その点においては大変満足しています。

「つけ心地」「開放型の利便性」「電池の持ち」ともに満足できるものでした。
加えて音質についても十分満足できます。

[getswin keyword=”OpenRun Pro” view_num=”10″]

タイトルとURLをコピーしました